大学は最長何年まで?在学期間・在籍期間の計算方法と休学・留年の扱い

大学生
kobataka1

4年制の大学を4年間で卒業する人が約8割という事実を知っていますか?

つまり、残り2割は留年や休学で卒業までに4年を超えた期間を要しています。

実際に、4年制の大学には留年しても最長8年まで在学することができます。更に4年間休学し、最長12年まで在籍することも可能です。

本記事のポイント
  • 4年制大学に在学できる期間は最長8年間、在籍できる期間は最長12年間
  • 在学期間・・・休学期間を含まない大学に所属する期間:8年まで
  • 在籍期間・・・休学期間を含む大学に所属する期間:12年まで
  • 留年は4年まで、留年とは別に休学も4年まで可能

「在学期間」と「在籍期間」の違いは「活動していない期間を含むか、否か」です。

大学の規程をもとに在学期間の計算方法も解説します。

ダイマナ
ダイマナ
現役アラサー国立大学職員
Profile
  • 平成元年生まれの30代、千葉県出身
  • 現役大学職員(大学職員歴:6年)
  • 大学では、教務・研究支援の業務を担当
  • ゆるふわ大学職員になろう
  • 教務.com管理人
  • プロフィールを読む
    あわせて読みたい
    大学を停学になるとどうなる?現役職員が事例と停学中の過ごし方を解説
    大学を停学になるとどうなる?現役職員が事例と停学中の過ごし方を解説
    スポンサーリンク

    4年制大学に在学できるのは8年まで

    図書館にいる大学生

    4年制の大学では、大学に在学できる期間は8年までです。どの大学も基本的な考え方は一緒ですが、千葉大学の学則を参照します。

    第1節 修業年限,在学年限,学生の身分を有する期間,学年,学期及び休業日
    (修業年限)
    第12条 学部の修業年限は,4年とする。ただし,医学部及び薬学部薬学科にあっては,6年とする。
    (在学年限)
    第13条 在学年限は,修業年限の2倍の年数を超えることができない。

    • 修業年限・・・基本となる卒業までの期間(多くの学部:4年、医学部薬学部:6年)
    • 在学年限・・・修業年限の2倍まで在学できる(多くの学部:8年、医学部薬学部:12年)

    通常卒業できる期間のことを「修業年限(または標準修業年限)」といいます。その2倍までは在学できる期間(在学年限)となります。

    4年制大学であれば、4年まで留年可能で、8年間在学できることになります。しかし、その分8年間の授業料の支払いは必要になります。

    4年制大学に在籍できるのは12年まで

    体調不良で欠席

    「在学期間」と「在籍期間」は異なります。休学した期間は、在籍期間にのみカウントされます

    休学した場合の取扱いについて、千葉大学の学則を参照します。

    (休学期間)
    第28条 休学期間は,通算して第12条に規定する修業年限を超えることができない。ただし,前条第3項の規定に基づく休学に係る休学期間は,この限りでない。

    2 休学期間は,第13条に規定する在学年限及び第49条に規定する卒業要件の期間に算入しない。

    4年制大学では、休学期間は修業年限(4年)を超えることはできませんので、休学できるのは4年が最長となります。

    まとめると、4年制大学では留年できるのが4年、休学できるのが4年、最長12年間大学に在籍することができます。

    なお、「留学」は休学中に行うことも、休学せずに在学中に行うこともできます。

    あわせて読みたい
    休学・留年しないで留学も可能!大学生の3つの留学手続き
    休学・留年しないで留学も可能!大学生の3つの留学手続き

    在学期間・在籍期間の計算方法

    解答用紙

    在学期間・在籍期間の計算方法は以下のとおりです。大学院も考え方は同じです。

    1. 標準修業年限を確認(例:経済学部では4年)
    2. 在学期間は標準修業年限の2倍(例:経済学部は8年)
    3. 在籍期間は標準修業年限の3倍(例:経済学部は12年)

    通常4年間で卒業する場合、4年間留年が可能、4年間休学が可能です。

    在学期間と在籍期間
    • 在学期間:標準(4年)+留年(4年まで)=8年まで
    • 在籍期間:標準(4年)+留年(4年まで)+休学(4年まで)=12年まで
    あわせて読みたい
    【人生の転機】本当に大学生の間にやっておけばよかったこと4選
    【人生の転機】本当に大学生の間にやっておけばよかったこと4選

    大学の在学期間・在籍期間に関する用語

    テキスト

    「修業年限」「在学期間」など、ややこしい用語が多くなってしまったので整理します。

    修業年限(標準的な学生が卒業までに有する期間)

    学部・大学院には「修業年限」があります。「標準修業年限(ひょうじゅんしゅうぎょうねんげん)」と呼ぶ場合もあります。学部や大学院ごとの卒業までの基本的な期間を表します。

    一般的な修業年限
    • 学部(文・法・経済・理・工など)・・・4年間
    • 医学部、薬学部・・・6年間
    • 大学院(修士課程・博士前期課程)・・・2年間
    • 大学院(博士課程・博士後期課程)・・・3年間

    「修業年限」から、最長の在籍期間を計算できます。

    修業年限の3倍の期間、大学に在籍すると覚えるといいでしょう。

    【参考】

    大学の学部には3年次編入という制度があります。

    5年制の高等専門学校(高専)などを卒業して、大学の学部3年生から入学する制度で、大学の工学部などで3年次編入生の定員を定めているケースです。

    この場合は3年生、4年生の2年間を修業年限とすることが通常です。修業年限の3倍が在籍できる期間ですので、6年が最長在籍期間となります。

    在学期間・在学年限(在籍期間から休学期間を引いた期間)

    単位修得不足等で、進級・卒業がかなわない場合は留年し、同じ学年のまま大学に在籍することができます。在学中は授業料が発生します。

    在学期間は、修業年限の2倍を超えることができないと学則等で定められています。

    留年する場合にも、修業年限の2倍、最長8年間までしか大学に在学することができません。

    休学期間は「在学年限」に含まず、「在籍期間」には含めます。

    ちなみに、「停学」期間は在学期間に含み、卒業要件の期間に参入しません。

    在籍期間(大学に所属している期間)

    大学に所属しているトータルの期間を「在籍期間」といいます。休学している期間も在籍期間に参入されるということがポイントです。

    4年制大学の「在籍期間」は12年間が最長となりますが、在籍期間を12年間までとする規程・ルールはありません。学則を読み解いて、計算すると12年間になります。

    休学期間(一時的に大学を休む期間)

    大学生は留学や心身療養、経済的な理由等で、休学の申請をすることができます。休学中は、授業料の支払いが免除され、その間に学業以外のことに専念することが認められています。

    修業年限を超えて、休学することができないと学則で定められています。

    つまり、4年制の学部生であれば、4年間までは休学することができます。2年制の修士大学院生であれば、2年間までは休学可能です。

    あわせて読みたい
    休学しても大丈夫な理由!大学を休学して人生終わりだと思った方へ
    休学しても大丈夫な理由!大学を休学して人生終わりだと思った方へ

    まとめ:修業年限の3倍まで在籍できる

    4年制大学であれば、最長12年間、大学に在籍することができます。

    修業年限4年間の場合、休学年限が4年間、在学年限が8年間になります。

    標準年限4年+留年可能年限4年+休学年限4年=最長在籍期間12年間となります。

    本記事のまとめ
    • 修業年限・・・通常、大学を卒業するのに必要な年数(多くの学部は4年)
    • 在学期間・・・「修業年限×2」まで(授業料を払って勉強する期間)
    • 在籍期間・・・「修業年限×3」まで(在学期間+休学期間)
    • 休学期間・・・・大学を一時的に休む期間(授業料の支払い不要)

    在学期間・休学期間の仕組みを使えば、長期間大学に在籍することが可能になります。

    本サイトでは、大学教務に関するルールを発信していますので、他の記事も読んでいただけると嬉しいです。

    あわせて読みたい
    大学生必見!本当に向いてるバイト・仕事の見つけ方【3つの方法】
    大学生必見!本当に向いてるバイト・仕事の見つけ方【3つの方法】
    あわせて読みたい
    GPAの平均は2.4~2.8でGPA3.0以上は3割程度!計算方法も紹介
    GPAの平均は2.4~2.8でGPA3.0以上は3割程度!計算方法も紹介
    ABOUT ME
    ダイマナ
    ダイマナ
    現役アラサー国立大学職員
  • 平成元年生まれの30代、千葉県出身
  • 現役大学職員(大学職員歴:6年)
  • 大学では、教務・研究支援の業務を担当
  • ゆるふわ大学職員になろう
  • 教務.com管理人
  • スポンサーリンク
    記事URLをコピーしました